石の上にも三年

継続は力なり。何事も続ければできるようになることを実践していくブログです。

MENU

今が旬!栄養がたっぷりなキウイフルーツ、食べごろの見分け方はこちら

f:id:kou-kana0625:20170612193223j:plain

 

最近TVを付けると、よく目にするようになったゼスプリのCM。

マスコットであるキウイのキャラクター達(公式サイトで調べてみると、キウイブラザーズというらしいです)がなんとも愛らしく、一度見るとなんとなく記憶に残るCMですよね。

普段あまり果物を食べない私ですが、CMをきっかけに少し興味が生まれたので、今回はキウイについて色々調べた結果を書いていきます。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

主なキウイフルーツの種類

知り合いにスーパーに勤めている方がいて、その方から色々聞いてみたのですが、キウイの種類はなんと細かい種類を含めると国外、国内で10種類以上あるそうです。

細かいそれぞれの品種を書いてしまうとそれだけで今回のブログが終わってしまいそうなので、現在日本で主に取扱いされている2種類のキウイについて説明します。

 

一つは表面に細かい産毛のようなものが生えており、形状は俵型のキウイ。こちらはグリーンキウイと言い、果肉が緑色のものを指します。

そしてもう一つが、表面はつるつるとして滑らか、形状はグリーンキウイと比べて先端が少し尖ったもの、こちらはゴールドキウイといいます。名の通り中身の果肉が黄色くなっています。

 

この二つが私達に一番馴染みのある、一般的なキウイとされています。まさにCMのキウイブラザーズはこの2種類のキウイ達がモデルなのです。

 

それぞれの味の違いは?

果物に疎い私からすれば「どちらも大して変わらないのでは…?」と思ってしまいますが、きちんと二種類それぞれ異なる味です。

大まかな違いを説明すると、グリーンキウイは酸味の中にほのかに甘味が混じるのに対し、ゴールドキウイはより甘く、瑞々しい味わいになっています。

ゴールドキウイはグリーンキウイを品種改良して、日本人向けに甘く柔らかい果肉になっているので、ゴールドキウイの方が人気(売上)が高いようです。

 

これだけでは、「じゃあグリーンキウイは美味しくないのね」と誤解されそうですが、グリーンキウイはその酸味を活かし、ヨーグルトやケーキ、パフェなどのトッピングとして最適だそうです。

そのまま食べるならゴールドキウイトッピングとしてならグリーンキウイ、というようにその時の用途によって使い分けるのが良いかもしれませんね。

 

キウイフルーツの旬と食べごろの見分け方

そんなキウイの食べ頃ですが、スーパーや八百屋で売っているキウイはまだ表面はカチカチで、実はこれではまだキウイの食べ頃ではないです。キウイは熟す前の状態で食べると酸味が強く果肉も堅いので、食べ頃を見極めてから食べるのが一番でしょう。

 

キウイの食べ頃は見た目ではわからないので、実際に手に持ってみて、持った時に表面が少し柔らかくなった時が食べ頃です。食べ頃だなと思ったら冷蔵庫に入れ、食べる直前に冷蔵庫から取り出せば、甘く柔らかい状態で冷えた美味しいキウイが味わえるはずです。

また、常温で放置すれば、過熟が進みやすくなるので、早く食べたい!という人は今の時期は常温で少し時間をおいてみるといいかもしれません。

 

そしてキウイの旬についてですが、春から初夏にかけて、つまり今がまさに旬!な状態なのです。

キウイにも国産、輸入物と分かれており、秋から冬にかけては国産が、そして春から秋にかけての長い期間に輸入物が、基本的には通年市場に出回っているのです。

国産だと愛媛と福岡、輸入だとアメリカとニュージーランドが有名ですね。

今が一番美味しく、お値段も手頃になるキウイ。だからこの時期にCMが頻繁に放送されているのですね。

 

キウイフルーツは美容と健康に最適なスーパー果物

CMでもありましたが、意外と(?)キウイの栄養素はとても高いんです。

ビタミンCとE、食物繊維など、多くの栄養素が含まれていて、その栄養密度はすべての果物の中でもなんとトップクラス!まさにスーパー果物なのです!

キウイを食べることによって美肌・美白効果、貧血予防、血行促進、冷え対策、むくみ解消、代謝UP、便秘解消、ダイエット効果あり…と、まさかのキウイの万能性に驚きを隠せませんね(笑)

キウイの栄養価はとても高いので、普通にそのまま食べるでも良し。スムージーにするでも良し。朝食やおやつなどでキウイを摂取すれば、健康な体になれるのは間違いないですね。

 

キウイフルーツの注意点

美味しくて栄養素も豊富なキウイフルーツですが、一つ注意点があり、アレルギーの症状を引き起こすことがあるのです。

症状としては、口の中が痒くなったり、唇や下が痺れたりします。もっと重症の場合ですと、息苦しくなったり、下痢や吐き気を引き起こすことがあるようです。

調べている時に思い出したのですが、私も昔キウイを食べた時にそういった症状になったことがあった記憶があります。軽症でしたので、アレルギーだとか大げさには思わなかったのですが、もしキウイを食べた後にそういった症状があった場合は気をつけてください。

 

最後に

CMで話題の、今がまさに旬であるキウイ。

今まであまり食べる機会はありませんでしたが、今回調べてみて新たな魅力に気づくことが出来ました。自分自身、今後のダイエットにキウイの力を借りてみようと思います!

この記事を読んだ方も、ぜひこれをきっかけにキウイを活用した美容方法などを試してみてくださいね。